【コブクロ"未来切手"】歌詞の意味や収録アルバムの紹介 - 風のまにまに

【コブクロ"未来切手"】歌詞の意味や収録アルバムの紹介






2013年12月18日にリリースされた、コブクロ8枚目のアルバム「One Song From Two Hearts」に収録されている「未来切手」。
こちらのページでは、歌詞の意味や制作秘話など、さらに収録アルバムやおすすめの楽譜、ギターコードについても紹介していきます。




■楽曲情報


・収録曲


01. (Are you all set?)
02. One Song From Two Hearts
03. 紙飛行機
04. リンゴの花
05. ダイヤモンド
06. SPLASH
07. 未来切手
08. モノクローム
09. あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
10. GAME
11. 流星
12. Blue Bird
13. LIFE GOSE ON
14. 蜜蜂
15. 今、咲き誇る花たちよ



・"未来切手"の歌詞の意味、エピソードは?


"もしも10年後の自分に手紙を送ることが出来る切手があったら"

そんな少しメルヘンチックなテーマの楽曲です。
小渕さんらしい世界観満点の曲、と言えるのではないかと思います。

未来切手というものがもしも実際にあったのなら、10年後の自分にどんなことを聞くのだろうか。夢は叶っているのか、今でも好きな人のそばにちゃんといるのだろうか、、、。そもそも10年後の未来なんて知りたいような、知らない方がいいような、、、。

わたくし管理人がこの曲を初めて聴いたのは、2013年の "One Song From Two Hearts"ツアーで新曲として歌ってくれた時。当時はまだ学生で、進路に悩んでいる状況だった頃。どうしてもかなえたい夢があるけれど、それにはなかなか手が届かなさそうで、少し心が折れかけていた時でした。そんな時に聞いたこの"未来切手"。この曲の主人公の10年後は、夢はまだ叶ってないけれど、好きな人の側にはいるよ、そんな風に歌われていて。じゃあ自分はどうなっているんだろう、夢は叶っているのだろうか。まさに、"知りたいような、知らない方がいいような、、、。"という歌詞に共感出来すぎて、ライブを見ながら泣いたのを覚えています。

話が私事にそれてしまいましたが、この曲は単にメルヘンチックな世界観を描いた曲、というわけではなく、"夢や願いを叶えようと、自分自身が信じてあげることの大切さ"や"日々の言動が自分の未来に繋がっているんだ"というメッセージが込められた楽曲ではないかと思います。
ぜひじっくりと歌詞を読んでみて下さい。きっと、ファンタジーの中に込められた小渕さんからのメッセージが伝わってくるはずですよ。


・収録アルバム一覧


「未来切手」は以下のアルバムに収録されています。

▶ One Song From Two Hearts (2013.12.18)





■「未来切手」 楽譜の紹介


・おすすめのギター楽譜


ヤマハミュージックメディアより出版されているギター弾き語り集。
アルバム「One Song From Two Hearts」に収録されている全楽曲の楽譜が掲載されています。ドラマや映画などで聴きなじみのある曲が多く、ファンならぜひ演奏してみたい楽曲が盛りだくさんです。なお、この楽譜集はギターの弾き語りで演奏しやすいようにアレンジされています。



なお、"未来切手"のみの楽譜が欲しい場合は、ぷりんと楽譜がおすすめです。グレードは中級となっています。
少々コードチェンジが多めですが、スローバラードなので落ち着いて弾けば大丈夫です。ぜひ練習してみてください。

「未来切手」をぷりんと楽譜でチェックする。

また、コードのみが知りたい場合は、こちらのサイトでご覧いただけます。

*「未来切手」のコードをチェックする。

▽スポンサーリンク▽

▽ただいまのオススメ▽

▽プロフィール▽

hamco

Author:hamco


風の吹くままに 身を任せて。

コブクロの音楽を中心に、
その他、吹奏楽や楽器、楽譜など
幅広いジャンルで綴ります。


プライバシーポリシー

運営者:hamco
お問い合わせ:kazemani34@gmail.com