【コブクロ"ストリートのテーマ"】歌詞の意味や収録アルバムは? - 風のまにまに

【コブクロ"ストリートのテーマ"】歌詞の意味や収録アルバムは?






1999年7月21日にリリースされたコブクロ1枚目のインディーズアルバム、「Saturday 8pm」に収録されている「ストリートのテーマ」。
路上時代から歌い継がれている当楽曲の歌詞の意味や収録アルバム、さらにギターコードについても紹介します。




■楽曲情報


・収録曲


1. ボクノイバショ
2. 夢唄
3. ストリートのテーマ
4. 虹の真下
5. 遠くで・・・



・"ストリートのテーマ"の歌詞の意味、エピソードは?


コブクロがメジャーデビューする約二年前に作られた「ストリートのテーマ」。
当時既に作られていた楽曲や、その後現在に至るまでの楽曲を見てみても、コブクロの曲の歌詞は割と優等生的、というか真っ直ぐで純粋な言葉が多い気がしますが、「ストリートのテーマ」は会社の上司や学校の先生に対する反骨精神のような気持ちを歌った少し乱暴な言葉遣いが印象的です。きっと、当時ストリートライブを聞きに来るファンの人たちは、この歌を聞いて日々の鬱憤を晴らしていたのかな、と感じる曲です。

インディーズ時代の楽曲は、メジャーデビュー後にリメイクしてリリースされているものも多いですが、「Saturday 8pm」に収録されている曲は、いずれもリメイクされていません。しかし、「ストリートのテーマ」は現在でもライブでよく歌われる大定番曲で、会場の空気をひとつにする大事な一曲です。また、曲中には"コール&レスポンス"があり、ライブ中最も大きな声を出すのがこの曲でもあります。

"朝まで僕らと一緒に歌ってくれませんか?言葉に羽が生えて飛んでゆきます。"

これが覚えておきたいフレーズです。"コール&レスポンス"の他にも、アンコールでコブクロの登場を待っているときにもファンはこのフレーズを歌います。これを知らずにライブに参加すると、なんだか取り残された気分になってしまうので、ぜひライブに参加する際は押さえておきたい楽曲です。

ちなみに、「Saturday 8pm」ではアコースティックギターと簡単なパーカッションで演奏しているシンプルなアレンジですが、現在のライブでは派手なバンドアレンジで演奏されています。「ストリートのテーマ」は

▶︎ KOBUKURO LIVE TOUR 2014 "陽だまりの道" FINAL at 京セラドーム大阪
▶︎ KOBUKURO STADIUM LIVE 2010~OSAKA・TOKYO・MIYAZAKI~
▶︎ KOBUKURO FAN FESTA 2010~10 YEARS SPACIAL!!!!~
▶︎ LIVE TOUR '08 "5296" FINAL
▶︎ KOBUKURO LIVE at 武道館 NAMELESS WORLD

のライブDVDに収録されているのでぜひチェックしてみてください。


*「ストリートのテーマ」の歌詞はこちらからご覧いただけます。



・収録アルバム一覧


「ストリートのテーマ」は以下のアルバムに収録されています。

▶ 「Saturday 8pm」 (1999.07.21)






■「ストリートのテーマ」 楽譜の紹介


・おすすのギターコード譜


楽譜はこちらからご覧いただけます。

コードだけでなく、タブ譜も記載されているので、ギター初心者でも挑戦しやすいはずです。
しっかりと力強くギターをかき鳴らすことが、上手く弾きこなすコツだと思いますので、ぜひ練習してみて下さい。



▽スポンサーリンク▽

▽ただいまのオススメ▽

▽プロフィール▽

hamco

Author:hamco


風の吹くままに 身を任せて。

コブクロの音楽を中心に、
その他、吹奏楽や楽器、楽譜など
幅広いジャンルで綴ります。


プライバシーポリシー

運営者:hamco
お問い合わせ:kazemani34@gmail.com